第62回日本応用動物昆虫学会(応動昆)大会 | 2018年3月25日から27日まで | 鹿児島大学郡元キャンパスなど(鹿児島県鹿児島市)

プログラムについて

一般講演(口頭とポスター)と小集会プログラムについては、申込締切後、確定版を2月に公開する予定です。

総会、学会賞・奨励賞・論文賞授与式、受賞講演

第62回日本応用動物昆虫学会大会会員総会、学会賞・奨励賞・論文賞授与式、受賞講演は、3月25日(日)に鹿児島 城山観光ホテル(〒890-8586 鹿児島県鹿児島市新照院町 41-1)にて行われます。

日本応用動物昆虫学会 第62回大会開会式および会員総会
(09:00~12:30 | 鹿児島 城山観光ホテル)

第62回大会開会挨拶
津田 勝男 大会運営委員長
会長挨拶
矢野 栄二 学会長
第62回応用動物昆虫学会会員総会
 
授与式
論文賞
奨励賞
学会賞
受賞講演
閉式の辞

シンポジウム「保全的生物的防除とIPMへの取り組み-土着天敵の実用的利用を考える」

3月25日(日)午後に、鹿児島 城山観光ホテル(〒890-8586 鹿児島県鹿児島市新照院町 41-1)にて、「保全的生物的防除とIPMへの取り組み-土着天敵の実用的利用を考える」というテーマで4名の方に話題を提供していただきます。多くの方のご参加をお待ちしております。参加費は無料です(事前申込も必要ありません)

シンポジウムの趣旨

生態系サービスのひとつの機能である自然制御を害虫管理に取込み、天敵などの有用昆虫による害虫個体群の抑制を図ることは、現在の農業に課された使命とも言える持続的食料生産と生物多様性の維持・向上を齟齬のない形で展開させるための重要な取組みである。

侵入害虫に対する天敵導入から始まった天敵利用(伝統的生物的防除: classical biological control)は大きくその形を変え、地域に生息する土着天敵を活用した保全的生物的防除(Conservation biological control)として、実際の生産現場におけるIPMの有力な防除戦略のひとつになろうとしている。単純に天敵に影響の少ない選択的農薬を使用した天敵の保護から、天敵のパフォーマンスの向上を目的とした植生管理や生息場所管理による天敵の強化を通して、農家圃場での土着天敵の働きを引き出すための基礎的・応用的研究が世界で展開している。害虫の発生が促進されるモノカルチャー(単植栽培)という現代農業の枠組みのなかで、どのように天敵による害虫の自然制御を高めるのかが大きな関心となっている。

シンポジウムでは、保全的生物的防除が国内外においてどのように農業生産体系の中に取り入れられ、どのような効果が認められているのかについて、今後の研究の方向性を含め、保全的生物的防除の権威であるGurr氏に話題提供いただく。さらに、欧米に比べ個々の圃場が小さい我が国の農業形態に適応した保全的生物的防除技術の開発や普及に関わる最新の知見や考え方について大野和朗氏、生産地での具体的な実用例についてそれぞれ鹿児島県の柿元一樹氏、静岡県の増井伸一氏に講演いただき、現状と課題、今後の展望について考える。

※ Gurr博士には,本学会と宮崎大学との共催セミナーでもご講演いただく予定です。宮崎大学での講演は、地域農家の参加を含めて、以下を予定しています。

懇親会

大会1日目の25日(日) 17:30~に『鹿児島 城山観光ホテル』(〒890-8586 鹿児島県鹿児島市新照院町 41-1)において行います。

各種委員会

大会前日~3日目にかけて、各種委員会を開催します。各種委員の方々はご参加下さい。

大会前日: 3月24日(土) | 鹿児島大学郡元キャンパス 農・共同獣医共通棟1階 101講義室
理事会・運営会議
 12:00~14:00
代議員総会
 14:00~17:00
電子広報委員会
 (別途会場外で開催)
代議員・各種委員会懇談会 (会場未定)
 17:30~19:30
大会1日目: 3月25日(日)
名誉会員昼食会 (会場・部屋は未定です)
 12:50~13:50
大会2日目: 3月26日(月)
編集委員会 (鹿児島大学郡元キャンパス | 部屋は未定です)
 12:00~13:00
2024年国際昆虫学会議招致委員会 (鹿児島大学郡元キャンパス | 部屋は未定です)
 15:30~17:30
大会3日目: 3月27日(火)
電子広報委員会 (鹿児島大学郡元キャンパス | 部屋は未定です)
 13:00~14:00
日本ICIPE委員会 (鹿児島大学郡元キャンパス | 部屋は未定です)
 12:00~13:00

技術士試験対策セミナー

大会3日目(3月27日)の12:00~13:00に大会会場(鹿児島大学郡元キャンパス)にて日本応用動物昆虫学会・技術士育成推進委員会による技術士試験対策セミナーを開催する予定です。ご興味のある方は積極的にご参加ください。

日時
2018年3月27日(火) 12:00~13:00
会場
未定
参加費
無料(どなたでもご参加いただけます)
参加申込
当日会場へ直接お越しください。
世話人
日本応用動物昆虫学会 技術士育成推進委員会

日本応用動物昆虫学会会員の方は、関連学会(日本植物病理学会、日本農薬学会、日本雑草学会)の大会で開催されるセミナーに無料で参加することができます。日本応用動物昆虫学会大会に参加予定のない方、日程等ご都合が合わない方はご利用下さい。関連学会でのセミナーにご参加の場合は、日本応用動物昆虫学会誌住所票(会員番号と氏名が明示されているもの)をご持参の上、会場でご呈示下さい。

なお、関連学会では当該セミナー参加のみ無料で、大会に参加をご希望の場合は別途大会参加費等が必要になりますのでご注意下さい。

詳細は各学会のウェブサイトをご覧下さい。

新着情報

2018年01月06日

トップページの簡易プログラムで、3日目(最終日: 3月27日)は午前中で終了するような記述がありました。申し訳ありません。3日目は午後に[一般講演(ポスター発表コアタイム)/ポスター賞授賞式] [一般講演(口頭発表)] [小集会]を予定しておりますので、奮ってご参加下さい。


2017年12月31日

電子広報委員会の開催時間が、12:00→13:00に変更となりました。出席される方はご注意下さい。


2017年12月21日

交通案内に一部誤りがありました。申し訳ありません。バス路線【鹿児島交通バス(鹿児島中央駅経由) | 19番線(紫原・桜ヶ丘五丁目行) |「法文学部前」下車】について、紫原(むらさきばる)を柴原と誤記しておりました。該当するバス路線の利用を検討されていた方はご注意下さい。


2017年12月15日

大会運営委員を更新しました。


2017年11月30日

英語口頭発表の応募資格に誤りがあったため、該当ページを修正しました。申し訳ありません。英語口頭発表への参加資格は、「申し込み時点で40歳未満で、博士未取得(学生含む)または博士取得後3年以内の者」となります。ご注意下さい。


2017年11月30日

本日より大会参加・講演申込ウェブサイトにて参加申込(事前申込)、一般講演申込、講演要旨の提出ができるようになりました。


2017年11月24日

託児施設の詳細な利用方法を公開致しました。ただし、利用料は仮のものですので、年末までに確定し再度告知する予定です。ご了承下さい。


2017年11月21日

ウェブサイトに以下の項目を追記しました。ご確認下さい。

大会3日目: 日本ICIPE委員会
講演細目28: 英語口頭発表
英語口頭発表の概略


2017年11月21日

大会参加・講演申込のページで、講演要旨の準備/Abstract preparationのPDFへのリンクが外れておりました。申し訳ありません。修正致しましたのでご確認下さい。


2017年11月2日

第62回日本応用動物昆虫学会大会のウェブサイトを公開しました。大会の講演申込は2017年11月30日(木)から2018年1月9日(火)の予定です。